健康

イチゴ鼻の体験談

投稿日:2017年2月6日 更新日:

わたしは小さいころから全身の肌が乾燥に弱く、しかし汗っかきでもあったために夏と冬は肌のトラブルによく悩まされていました。
毎年のことなのですが、夏には高校の部活でやっているバスケットボールの練習によってたくさんの汗をかきます。

それによって、顔全体にニキビがたくさんできてしまったり、鼻の毛穴が開いて角栓がたまって黒い斑点ができてしまういわゆる「イチゴ鼻」になったりして、毎日のスキンケアに悩まされていました。

さいしょに肌のことが気になり始めたのは実は部活を本格的に始めた高校生になってからです。
やはり自分の容姿というか、ファッションコーディネートやメイクにも興味を持ち始める時期でありましたので、今までスポーツばかりして自分の容姿に興味のなかった私ですら鏡を見るようになりました。

鏡に映る自分の顔はほんとうにみすぼらしくて、なんだか汚かったのをよく覚えています。
鏡を見るのもためらうくらいでしたので、自分の顔を見るたびに落ち込んでいました。

イチゴ鼻とニキビはどうしても直したいと思っていたものの、やはり私のように部活尽くしの毎日を送っている人にはわかると思うのですが、自分の美容などに使うお金はまったく持っていないのです。

さらに、部活で疲れた体を休めるための時間すら確保できないのに、自分を磨く時間なんて本当にありませんでした。
だから、対処しようとしてなるべく高価な効き目のあるやつを買って挑戦してみようと思っても、それを買うお金もケアをゆっくりする時間もありませんでした。

そこで私がずっとやっていたのが、こまめに洗顔をすることと、安い化粧水や乳液でいいから頻繁につけるようにして、ときどきは100円均一ショップで買った洗顔パックをやっていました。

しかし、それを始めて以来、なんとわたしの肌荒れはさらに悪化してしまったのです。
栄養分もしっかり取っているし、睡眠不足でもない、ましてやしっかりと肌をケアしているのに疑問でした。

その答えは、わたしのスキンケアに大きな間違いがあったことでした。
まず、洗顔のし過ぎはあらかじめ肌に備わっている脂分まで落としてしまうので乾燥の原因になります。

そして、頻繁に化粧水や乳液を塗ることは逆にしっかりと洗った肌に脂分を塗りこんでいるようなものです。
洗顔パックは安価すぎると質が悪いので肌をさらに傷つけてしまいます。

このように、ケアのし過ぎによって悪化するケースもあるんです。
そこに注意していただきたいです。

http://xn--98jwbwc5b8ay626b3f0a94lqu3i73a.jp/

-健康
-,

Copyright© 美容や健康についての体験談など , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.